WordPressで「データベース接続確立エラー(Error establishing a database connection)」が出た場合の対処法

中島たくみち

WordPressで「データベース接続確立エラー」が発生した場合の対処法について紹介していきます。お使いのサーバーによっては、英語で「Error establishing a database connection」と表示される場合もあります。

このエラーが発生する場合、データベースに接続する段階で何らかの問題が起きています。WordPressではMySQLに記事データやユーザー情報、各種設定などを保存していますが、そのデータベースを参照できないためページの表示もできないという状態です。wp-config.phpの記述に問題がある可能性が高いと言えます。

WordPressをインストールした直後の場合

wp-config.phpにデータベースへの接続情報を正しく記述して下さい。

WordPressの設定変更を行った場合

wp-config.phpの変更を行った場合は、誤ってデータベースの接続情報を変更していないか確認したり、バックアップからの復元を試してみて下さい。

サーバーの設定変更を行った場合

特にデータベース名やユーザー名、パスワードの変更を行った場合は、設定情報に合わせてwp-config.phpに記述する必要があります。

サーバー移転などの作業を行った場合

データベースを復元した上で、新しいデータベースの接続情報をwp-config.phpに記述する必要があります。

それ以外

サーバー障害、アクセス負荷や容量超過によるデータベースの停止、サーバーがクラックされているなどの可能性も考えられます。

ダッシュボードにアクセスしてエラーの詳細を確認

ダッシュボード(【WordPressのインストール先】/wp-admin/)にアクセスすると、エラーの詳細が表示されることがあります。念のために確認しておきましょう。

これは、ユーザー名を間違って記述した状態でダッシュボードにアクセスした際に表示された画面です。英語表記ではありますが、

  • ユーザー名とパスワードは合っていますか?
  • ホスト名は合っていますか?
  • データベースサーバーは稼働していますか?

など、エラーの原因を教えてくれています。

wp-config.phpの記述を確認

データベースの接続情報は次のようになっています。

  • データベースの接続情報がレンタルサーバー側で用意されている場合
  • レンタルサーバーが用意しているWordPressの自動インストール機能を使用した場合
  • ご自身でデータベースを作成して手動でWordPressをインストールした場合

などがあるかと思いますが、いずれにしても正しいデータベースの接続情報を調べた上で、間違いがあればwp-config.phpの記述を修正することになります。

中島たくみち

1985年生まれ 長崎県出身。コンテンツ販売やマーケティングのためのツールを開発しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です