SendGridを使ってWordPressから確実に届くメールを送信する方法

会員制サイトを作る場合などで、WordPressからユーザーにメールを送信したい場合が出てくると思います。例えば、登録完了の通知やパスワード変更の案内などなど…。

デフォルトの状態でもWordPressをインストールしているサーバーからメールを送信すること自体はできるのですが、運用していくうちにメールが届かなくなる可能性が高いです。特に送信者アドレスにフリーメールのアドレスを指定している場合などは、送り元を偽装していると見なされるので、非常によくありません。

メールをしっかりと届かせるためには、SPFやDKIMなどの設定が必要になります。実際には、メール送信専用のサービスを使うのが良いでしょう。

メール送信サービスを決める

代表的なところでは…

などがあります。

上記の4サービスとも、WordPress用のプラグインが用意されています。ですので、1行もコードを書かなくても導入できます。

どれを選ぶべきかは迷うとことですが、今回は代理店があって日本語でのサポートも行われているSendgridを選びました。月に12,000通まで無料で使えるというのも太っ腹。

それでは設定手順を紹介していきます。

独自ドメインのメールアドレスを用意する

まずは、所有しているドメインでメールアドレスを作成します。

メールアドレスを作る方法はG Suite(旧Google Apps)などいくつかあります。ですが、メールを受け取ることさえできればいいので、今回はバリュードメインで転送専用のメールアドレスを作りました。

ws-01

受信専用のメールアドレスが簡単に作れます。

SednGrid側の設定

設定手順は日本語マニュアルの「独自ドメインを利用する」で紹介されています。このうちの、「Domain Whitelabel」と「 Email Link Whitelabel」をやっておきましょう。

発行されたレコードをDNSに追加することで、SPFとDKIMの設定ができます。これで、独自ドメインのメールからSendGrid経由で到達率の高いメールを送れるようになります。

ws-02

DNSレコードの設定は、バリュードメインの場合こうなりました。一応、参考までに。

SendGridのWordPressプラグインをインストール

ws-03

プラグインの検索画面で「sendgrid」と入力すると公式プラグインが見つかりますので、インストールして有効化します。

ws-04

プラグインをインストールすると、ダッシュボードのメニューの「設定」>「SendGrid」から設定することができます。

ユーザー名&パスワードで認証する方法と、APIキーで認証する方法の2種類があります。今回はAPIキーを使いました。

送信者名や送信者アドレスの設定も忘れずに。

ws-05

APIキーは、SendGridの管理画面の「Setting」>「API Keys」で作成することができます。

正しく設定できているかの確認

以上の設定で、WordPressから送信されるメールはSendGrid経由になります。

実際に送られたメールのソースを見てみましょう。

ws-06

これはInboxの画面ですが、きっちりとSendGrid経由になっていますね。SPFとDKIMもパスしてるので完璧です。

 

こんな感じで、確実に届くトランザクションメールを送ることができます。WordPressからメールを送信する場合は、ぜひ参考にしてみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です